特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ 東京23区南西部集中、なぜ 世田谷、帰国者が押し上げ? 港「夜の街」影響?

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急事態宣言から1週間が過ぎ、東京都内の感染者数の動向が注目されている。都は不要不急の外出自粛や事業者への休業を求めており、感染拡大に歯止めをかけたいとしている。

 感染者数を居住地別で見ると、区市町村間で大きく異なっている。23区の南西部に感染者が集中する傾向があり、13日時点の累計値では、世田谷区が205人で最多。新宿区が177人、港区が163人で続く。世田谷区の人口は都内で最多の92万人。10万人あたりの感染者の比率は、港区が62人、新宿区が50人、世田谷区が22人と順位は変わるが、各保健所などへの取材では、多数の感染者が出ている区は、欧州からの帰国者や、接…

この記事は有料記事です。

残り455文字(全文758文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集