特集

熊本地震

2016年4月14日と16日に発生した熊本地震。最大震度7の激震に2度襲われ、熊本、大分両県で関連死を含めて275人が亡くなった。

特集一覧

熊本地震4年 復興目指し一歩一歩 観光、コロナの影

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
熊本地震で犠牲になった宮守陽子さんの自宅跡地で手を合わせる遺族ら=熊本県益城町で14日、津村豊和撮影
熊本地震で犠牲になった宮守陽子さんの自宅跡地で手を合わせる遺族ら=熊本県益城町で14日、津村豊和撮影

 国内で初めて震度7を2度観測し、熊本、大分両県で震災関連死を含む275人が犠牲になった2016年4月の熊本地震は14日、発生から4年を迎えた。熊本県庁(熊本市中央区)で県主催の犠牲者追悼式があった他、甚大な被害が出た同県益城(ましき)町など各地で遺族や友人らが犠牲者を悼んだ。熊本では地震後、息を吹き返していた観光業などが新型コロナウイルスの影響で再び打撃を受けている。

 全住宅の約6割が全半壊し、解体跡の更地が点在している益城町。55歳で亡くなった同町馬水の宮守陽子さんの自宅跡では、マスク姿の遺族らが花束を手向けて静かに手を合わせた。遺族や閣僚、県選出国会議員ら約350人が参列する予定だった県庁の追悼式は、県内の遺族や蒲島郁夫知事ら約30人だけで営まれた。

この記事は有料記事です。

残り518文字(全文850文字)

【熊本地震】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集