特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ 奥羽大教授「県外出たら退学」 学生にメール、大学が陳謝

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルス感染拡大を受け、奥羽大(福島県郡山市)の歯学部の男性教授が今月、県外に出た学生について「退学処分となります」などとメールを送っていたことが判明した。同大は今月から授業が始まり、緊急事態宣言が出た地域への往来を控えるよう求めているが、「感染予防を注意するあまり(退学という)行きすぎた表現になってしまったようだ」と説明。ホームページ上で謝罪した。

 教授は学生に宛てたメールで「(緊急事態宣言の期限の)5月6日までは福島県外へ出ないようにしてください。緊急事態宣言実施地区以外でも順守してください。発覚した場合は退学処分となります」などと書いていた。これに対し、同大は「退学処分は、大学の方針ではない」と否定している。

この記事は有料記事です。

残り140文字(全文457文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集