特集

熊本地震

2016年4月14日と16日に発生した熊本地震。最大震度7の激震に2度襲われ、熊本、大分両県で関連死を含めて275人が亡くなった。

特集一覧

熊本地震4年

熊本地震4年 復興の灯、消さぬ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 2016年4月の熊本地震から4年を迎えた14日夜、震度7を2度観測した熊本県益城町(ましきまち)の木山仮設団地で住民らが約500本の竹灯籠(とうろう)をともして犠牲者を悼んだ。1回目の震度7だった前震が起きた午後9時26分には黙とうをささげた。

 町では家屋の58%に当たる6259棟が全半壊し、倒壊した建物の下敷きになるなど20人が直接死。震災関連死も25人に上る。

 3月末時点で640世帯1442人がプレハブの仮設住宅や賃貸住宅を借り上げた「みなし仮設」での暮らしを余儀なくされている。

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文513文字)

【熊本地震】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集