特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ 問診票でホテル自衛 チェックイン時に記入 宮崎県内で取り組み広がる

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
宮崎市内のホテルが作成した問診票。チェックイン時に記入してもらう=杣谷健太撮影
宮崎市内のホテルが作成した問診票。チェックイン時に記入してもらう=杣谷健太撮影

 宮崎市内のホテル宿泊者の新型コロナウイルス感染確認を受け、チェックイン時に問診票記入を求めるホテルが県内で増えている。県内事業者でつくる県ホテル旅館生活衛生同業組合が、問診票を含む対策の参考事例を通知して広がった。熊本、鹿児島両県の組合は現時点では同様の対応をとる予定はないという。【杣谷健太】

 宮崎市の宿泊客感染が確認された翌7日、組合は「コロナウイルスに関する水際防止対策事例についてご案内」と題した文書を加盟174事業者にファクス。問診票例示のほか、従業員出勤時のサーモグラフィー検温や、感染疑いの宿泊者を想定した訓練など、他県の取り組みも示した。

 組合の最大の懸念は営業できなくなることだ。感染者が宿泊していたホテルは自主的に2週間の休業を決めた。組合によると、フロント係や客室係に濃厚接触者が出た場合、従業員が少ない小規模ホテルでは休業せざるを得なくなるという。田爪広志事務局長は「問診シートで見極めができるようにしないと。2~3日熱が続いているようなら保健所に連絡がとれる」と話す。

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文756文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集