特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

琉 球 新 報 題字でソーシャル・ディスタンス 距離取り「乗り越えよう」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
題字の間隔を通常よりも広げ、新型コロナウイルスの感染予防を呼びかけた琉球新報の15日朝刊=那覇市で2020年4月15日午前8時10分、遠藤孝康撮影
題字の間隔を通常よりも広げ、新型コロナウイルスの感染予防を呼びかけた琉球新報の15日朝刊=那覇市で2020年4月15日午前8時10分、遠藤孝康撮影

 沖縄の地元紙「琉球新報」は15日の朝刊で、新聞名を表示する1面の「題字」の文字間隔を通常より広げ、新型コロナウイルスの感染を予防するために他人と一定の距離をとることを呼びかけた。国の緊急事態宣言が発令されている5月6日まで続ける予定で、松元剛編集局長は「視覚から一人一人に感染予防を呼びかけたい。社内で議論して象徴的なアピールの仕方を考えた」と話している。

 琉球新報の青い題字は通常4文字で幅13センチだが、幅を18センチに広げ、「琉 球 新 報」と文字の間隔を空けた。題字の下には「距離を取って感染防ごう」と説明を入れた。1面には「ソーシャル・ディスタンス保とう」と題した社告も掲載し、「一人一人が行動を変え、心を一つに乗り越えましょう」と呼びかけた。

この記事は有料記事です。

残り184文字(全文512文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集