メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪府が独自支援金制度 休業応じた個人事業主50万円、中小企業100万円

休業要請に応じた事業者への支援金制度の創設を発表した大阪府の吉村洋文知事=府庁で2020年4月15日午後2時22分、石川将来撮影

 大阪府の吉村洋文知事は15日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大防止のために休業や営業時間の短縮を求めた事業者に対し、中小零細企業は100万円、個人事業主には50万円を給付する独自の支援金制度を創設する意向を表明した。対象は府内の約6万事業者に及び、費用は市町村と折半する方向で調整する。詳細な制度設計を早急に進め、5月にも給付を始める方針だ。

 休業要請に踏み切った東京都を皮切りに、神奈川県や福岡市も独自の支援策を発表。府は厳しい財政状況を踏まえ、休業補償しない考えだったが方針転換した。吉村知事は会見で、「大阪もできる限り知恵を絞って、厳しい皆さんを支えたい。東京と遜色ない制度を作り上げる」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り540文字(全文847文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 九州豪雨 「今、流されている」 不明の女性電話で「さよなら」 夫は遺体で発見

  2. 耳栓にもアマビエ? まさかの商標出願に批判続出「誰のものでもない」

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 蒲島知事「『ダムなし治水』できず悔やまれる」 熊本豪雨・球磨川氾濫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです