メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学習塾、オンライン化加速も対面指導は継続 「子どもたちのため」 新型コロナ

緊急事態宣言後、オンライン指導に切り替えた「学習塾 寺子屋」。家庭の事情で通塾してきた児童には、窓の開放やマスク着用など感染防止に配慮して対応している=北山夏帆撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う休校が長引く中、学習塾ではインターネットを活用したオンライン指導に切り替える動きが加速している。一方、さまざまな事情を抱える家庭のため感染防止に配慮しながら対面指導を継続している塾もある。「先行きが見えない中、日々選択を迫られながらみんな必死に生きている。必要とされる以上やるしかない」。東京都内のある塾の代表者はこんな思いで日々子どもたちと向き合っている。

 「テキストをこっちに見せて。もう少し上げて。……見えました」。今月10日午後、東京都世田谷区の「学習塾 寺子屋」。代表者の岩岡いづみさん(57)はオンラインで小学6年の児童3人に算数や国語を教えていた。その傍ら、別のスタッフが、換気のため開け放たれた窓のそばで、小学生の女児の漢字ドリルを添削している。室内は全員マスク姿だ。

この記事は有料記事です。

残り713文字(全文1073文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 手話で受け付け 病院予約を代行 藤岡市、ビデオ通話 /群馬

  3. はや2くんの大航海 HAYABUSA2応援ページ はやぶさ2帰還をスマホで体感 大気圏に進入「火球」観測アプリを公開 JAXA

  4. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

  5. 政府、皇籍離脱の女性皇族に「皇女」の尊称検討 公務への協力委嘱

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです