コロナ収束願い 忍者タヌキもマスク姿に 滋賀・甲賀

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
新型コロナウイルスの感染拡大防止を願い、特大マスクを着用した巨大タヌキ像=滋賀県甲賀市の信楽高原鉄道・信楽駅前で2020年4月15日午前9時59分、村瀬優子撮影
新型コロナウイルスの感染拡大防止を願い、特大マスクを着用した巨大タヌキ像=滋賀県甲賀市の信楽高原鉄道・信楽駅前で2020年4月15日午前9時59分、村瀬優子撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大の収束を願い、滋賀県甲賀市の信楽高原鉄道・信楽駅前にある巨大タヌキ像(高さ約5メートル)が15日、マスク姿になった。

 タヌキ像は「甲賀忍者の里」をPRするため、毎年、この時期に忍者衣装に変身している。今年は地元の古着屋店主がマスクを手作りして、タヌキに着用させた。

 信楽焼のタヌキがかぶる笠(かさ)には「…

この記事は有料記事です。

残り73文字(全文240文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集