特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

京の桜の名所で新型コロナ「退散!」 祈願法要と狂言奉納 醍醐寺

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 世界文化遺産の醍醐寺(京都市伏見区)の国宝・金堂で15日、感染が拡大している新型コロナウイルスの早期沈静を願う「病魔退散祈願法要」と「奉納狂言」があった。桜の名所の同寺で営まれる「桜会(さくらえ)」(1~21日)の中日となる15日は例年、修験道の「恵印(えいん)法要」が営まれる。国内外の情勢を考慮して急きょ、予定を変更した。

 午前10時ごろ、僧侶約20人が入堂。導師を務めた壁瀬宥雅(かべせゆうが)・執行(しぎょう)長が「病魔は『新型コロナウイルス』と称し11万人の命を奪い、200万人が感染して苦しんでいる。秘法『五大力菩薩(ぼさつ)祈願法要』を厳修し奉る」などと表白し、約1時間にわたって読経し、護摩をたいた。

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文611文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集