メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サワコの朝

人生の全てを“壁”に捧ぐカリスマ左官職人・久住有生さんの職人魂

「サワコの朝」に登場する久住有生さん(右)=MBS提供

[PR]

 4月18日放送の「サワコの朝」は、“サワコが伝えたい「ニッポンの匠スペシャル!」”と題した特別企画を放送。卓越した技術と独創的なデザインセンスで、アート作品のような土壁を生み出すカリスマ左官職人・久住有生さんをゲストに迎える。

 国内はもとより、海外でも高い評価を得る久住さんは、祖父の代から続く左官一家の長男として兵庫県淡路島で生まれた。幼い頃から砂を振るったり、彫刻の型抜きなど“お手伝い”という名の修業に励んできたそうだが、あまりの厳しさに家出をしたこともあったそう。「早く自分のやりたいことを見つけないと、左官職人にさせられる!」と、アルバイトに励み、高校時代には、ケーキ屋さんになることを夢見てアルバイトに邁進したそう。

 しかし、そんなかたくなだった心境が、父のある一言を機に一転。久住さんを左官職人の世界に導いた、サワコも唸る父の名言とは!?

 また、故郷を襲った大震災の話では「100軒とかじゃきかない。朝から夜中までひたすら壁を塗っていた。」と修復作業に奮闘した当時を回想。「20代の前半でヘルニアも2つくらい潰れてるし、手首も腱鞘炎で体が痛くてまともに寝られなかった」と、その過酷さを語ると、修復作業で知った“先人たちのスゴさ”を話してくれた。

 仕事には一切の妥協を許さないカリスマならではの哲学。美しき土壁サンプルに彩られたいつもと異なるスタジオで、人生の全てを「壁」に捧げる久住さんの熱き職人魂に迫った!

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強まる大阪府の要求に反発 コロナ患者の引き受けが難しい民間病院の事情

  2. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  3. 和解のために 2021 2)変わりうる「ファクト」とは 「帝国の慰安婦」著者が指摘、「学問の政治化」

  4. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです