メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ クラスター発生 京産大差別、相次ぐ バイトの出勤拒否 「殺しに行く」脅迫

学生らを中心に新型コロナウイルスのクラスターが発生した京都産業大=京都市北区で2020年4月1日午後4時28分、福富智撮影

 京都産業大(京都市北区)の学生を中心にしたクラスター(感染者集団)が発生してから京産大関係者への差別が相次いでいる。学生がアルバイト先から出勤を断られたり、職員の家族や子供が出勤や登園を断られたりするケースも。大学への脅迫電話なども続き、担当者は「『京産大』というだけで、感染していない学生・職員や家族にも影響が出ている」と苦悩する。

 京産大生のまとまった感染が判明したのは3月26~29日。欧州を3月上中旬に旅行して帰国した学生3人が感染したが、判明する前にゼミやサークルの懇親会に参加し、感染が拡大した。更に懇親会で感染した学生が、陽性と確認される前に京都府井手町職員との交流会に参加。町職員から家族にも広まるなどして、全国で70人以上が感染した。

この記事は有料記事です。

残り799文字(全文1126文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 切羽詰まった心理につけ込み… トイレ修理のトラブル増加、150万円請求も

  2. 余録 かつて「長者番付」と呼ばれる高額納税者リストの注目された時代があった…

  3. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  4. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  5. 50代でのタイトル戦は「名誉」 竜王戦で通算100期目指す羽生九段の一問一答

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです