メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 保健所など、PCR検査拒否111件 濃厚接触、渡航歴、居住歴ない… 道保険医会調査 /北海道

 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、道内では医師が保健所などにPCR検査を要請したにもかかわらず拒否されるケースが出ている。専門家は「感染者の増加に検査体制が追いつかないのでは」と指摘し、体制強化の必要性を訴える。【高橋由衣、土谷純一】

 道保険医会は3月25日~今月8日、会員医師1885人を対象に医療現場の現状や影響などを尋ね、284人が回答。新型コロナの初期症状が見られる患者の検査を保健所などに要請したが検査を拒否された事例が111件あった。肺炎を発症しても拒否されたケースもあった。

 検査拒否の理由を複数回答で尋ねたところ「感染者などとの濃厚接触がない」(40%)が最多で、「海外への渡航歴や居住歴がない」(34%)が続いた。

この記事は有料記事です。

残り815文字(全文1132文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  2. 83年国会答弁、内閣府「維持か答えるの困難」強弁 野党ヒアリング詳報

  3. バックアップ、5年「OFF」 富士通のマニュアルに誤り 東証システム障害

  4. FX投資詐欺の疑い7人逮捕 700人から計2億円超だまし取ったか 大阪

  5. 「政府が記録残すのは当然」新書版で削除 菅首相の著書「政治家の覚悟」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです