比内地鶏ピンチ 大館の農家、4割減産 首都圏の需要落ち込み /秋田

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
関東圏の需要の落ち込みで、生産が危機的な状況となっている比内地鶏=秋田県大館市で
関東圏の需要の落ち込みで、生産が危機的な状況となっている比内地鶏=秋田県大館市で

 新型コロナウイルス感染拡大の余波で、比内地鶏の需要が都心部で大幅に落ち込み一大産地である大館市などの生産農家がピンチに陥っている。東京の飲食店などからの引き合いが戻るめどは立っておらず、生産農家は従来の生産目標の4割減産まで追い込まれている。関係者は「このままでは比内地鶏ブランドを守れない」と危機感を募らせている。【田村彦志】

 県全体で4割の生産を誇るJAあきた北(本店・大館市)の比内地鶏生産部会(27人)によると、現在は1日約800羽を処理・販売業者に出荷しているが、飲食店からの需要が落ち込み、半数以上の約500羽が在庫となっているという。

この記事は有料記事です。

残り429文字(全文704文字)

あわせて読みたい

ニュース特集