メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

前略おへその穴から

今はとにかく耐えて=前川さなえ /愛知

 新年度が始まった。長い休校期間を経て、明日は始業式という夜、子どもたちを学校に行かせるのが本当に心配だった。私たち家族が住む三重県はまだ新型コロナウイルスの感染者数も少ないし、学校側もできる限り万全の態勢で子どもの受け入れをしてくださるのを信じて、送り出した。

 もちろんマスクは付けていくし、手洗いをこまめにするために清潔なハンカチを数枚持たせ、なるべく友達と話す時もあまりくっつきすぎないようにと言い聞かせた。

 人が頻繁に触るところは特に感染源になりやすいということで、教室の戸もできれば素手で触らせたくない。「手じゃなく足で開けなさい」と言いたいけど、それは感染予防以前に公共の場での態度として問題がありすぎるので言えない。ただ、換気のためにほとんどの出入り口は開け放たれているだろうから、直接触れることもあまりないんじゃないだろうかと予想している。

この記事は有料記事です。

残り481文字(全文859文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 法人税と所得税の不公平是正で消費減税はできる

  2. ORICON NEWS Sexy Zone、2年半ぶり5人でライブ 松島聡が久々の“鼻の下投げキッス”

  3. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  4. 九州の温泉地、更なる落ち込みにおびえ「いつまで持ちこたえられるか分からない」

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです