メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

倉敷・真備水害提訴 「この災害は人災」 繰り返さぬため責任追及 /岡山

提訴を前に岡山地裁の前で行進する原告ら=松室花実撮影

 2018年7月の西日本豪雨で甚大な浸水被害が出たのは河川やダムの管理が不十分だったためだとして、倉敷市真備町地区で被災した住民32人が国と県、市、中国電力に計約6億4200万円の損害賠償を求め、15日、岡山地裁に提訴した。原告側弁護団は記者会見で、「私たちはこの災害を人災と考えている」と主張した。

 この日午後、原告と弁護士ら約15人が横断幕を掲げて岡山地裁に入った。提訴後の記者会見で弁護団長の金馬健二弁護士は、国が真備町地区を流れる高梁川と小田川の合流点の付け替え工事の必要性を認識しながら…

この記事は有料記事です。

残り373文字(全文621文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  2. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  3. 時の在りか 小池都知事再選を危ぶむ=伊藤智永

  4. 最も評価する政治家は大阪・吉村知事 2位東京・小池氏 発信好感 毎日新聞世論調査

  5. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです