新型コロナ こんな時期だからこそ 癒やしの姿をどうぞ 休園の動物園、SNSで発信 /福岡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大牟田市動物園がインスタグラムに投稿しているウサギの動画
大牟田市動物園がインスタグラムに投稿しているウサギの動画

 新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言を受けて5月6日まで臨時休園中の県内の動物園や水族館が、インスタグラムなどのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を使い、生き物たちの元気な姿を投稿している。閲覧した人たちからは「とても癒やされました」「自粛ムードの中、動物たちを見ると和みます」といったコメントが寄せられている。

 大牟田市の市動物園はユーチューブの公式チャンネルで臨時休園となった4月9日から動画「どうぶつえん休園日記」を配信。普段は見られない裏側の様子を紹介した「リスザル舎のおそうじ」や獣舎にカメラを設置して長時間撮影した「モルモットの生活」などをはじめ、フタユビナマケモノのクリがロープや木の上で大好物のブロッコリーをのんびりと食べる姿を撮影した「ナマケモノのごはん」も投稿している。

この記事は有料記事です。

残り510文字(全文868文字)

あわせて読みたい

注目の特集