メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

VOAの人民日報化?=坂東賢治

 <moku-go>

 1984年の米映画「レッド・ドーン(赤い夜明け)」は米コロラド州の田舎町にソ連軍が襲来し、地元高校生らがゲリラを組織して抗戦するというストーリーだった。この年のロサンゼルス五輪にはソ連など東側諸国が参加しなかった。日米などがモスクワ五輪(80年)をボイコットしたことへの報復だった。映画は冷戦まっただ中の時代状況を反映していた。

 ロスで五輪に本格復帰した中国は同盟国として描かれている。反共プロパガンダ映画という批判もあったが、保守派には根強い人気があり、2012年には侵略軍を北朝鮮軍に変えてリメークされた。

この記事は有料記事です。

残り752文字(全文1018文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  3. 東京の感染者、新たに13人 再び2桁台に 新型コロナ

  4. 「アベノマスク」事業費約260億円 配布は37%どまり 菅官房長官表明

  5. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです