メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論プラス

東京五輪延期とJOC 主体性取り戻すとき=論説委員・滝口隆司

IOCのバッハ会長と電話協議する安倍首相(右から3人目)、組織委員会の森会長(同2人目)、東京都の小池知事(左手前から2人目)ら=首相公邸で3月24日(内閣広報室提供)

 新型コロナウイルスの世界的感染拡大で、1年先延ばしが決まった東京オリンピック・パラリンピック。だが、延期が決定する過程では、日本オリンピック委員会(JOC)が協議から外された。安倍晋三首相が前面に出て事が進み、選挙日程も考慮して「来年7月23日開幕」が決まった。40年前のモスクワ五輪では日本政府の圧力を受け、選手たちは不参加に追い込まれた。その苦い教訓からJOCは独立組織となった。国内競技団体を束ねる五輪開催の当事者として存在感が揺らぐ今、JOCはあるべき姿を再考する時だ。

この記事は有料記事です。

残り2741文字(全文2981文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  2. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  3. ながら運転厳罰化1年 「スマホ触らないで」 名神の追突死亡事故、遺族訴え

  4. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

  5. 社説 森友問題への政府対応 歯止めかからぬ国会軽視

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです