特集

Listening

話題のニュースを取り上げた寄稿やインタビュー記事、社説をもとに、読者のみなさんの意見・考えをお寄せください。

特集一覧

記者の目

シルバさんと目指す未来 持続可能性、共有したい=山口昭(MOTTAINAIキャンペーン事務局)

  • コメント
  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
インターネット中継を通じてスクリーンから聴衆に語りかけるマリナ・シルバさん=東京都千代田区の上智大で2月15日、山田茂雄撮影
インターネット中継を通じてスクリーンから聴衆に語りかけるマリナ・シルバさん=東京都千代田区の上智大で2月15日、山田茂雄撮影

 「持続可能性とは単に生産の問題ではなく、人間同士、自然との関わり方でもある」。MOTTAINAIキャンペーン15周年を記念して2月に上智大で開いたシンポジウムで、ブラジルの元環境相、マリナ・シルバさん(62)が語った言葉だ。人や自然とのつながりを見直し、調和のある発展を目指す考えは「もったいない」と共通する精神だ。

 キャンペーンは日本に根付く言葉「もったいない」を環境を守る共通語にしようと、2005年に始まった。新聞社が主体のユニークな試みは内外で評価されたが、開発と環境保全の両立という目標は厳しい現実に直面している。

この記事は有料記事です。

残り1621文字(全文1884文字)

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集