メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 ドイツ内で新型コロナウイルス感染者が最多のノルトライン・ウェストファーレン州で、州政府が始めた中小企業への緊急支払いを当面停止するという。偽申請サイトで抜き取った個人情報を利用しての成りすまし申請が多数行われたからだ。当初称賛されたドイツの芸術家やフリーランサーへの素早い給付も書類審査が厳密化され給付に時間がかかっているという。

 簡素な手続きだけで現金がもらえる制度は、いわゆる「反社」の人たちの大好物だ。人々の善意を前提にしたシステムは大抵破綻する。しかし新型コロナ危機のような切羽詰まった状況では迅速さも重要。日本は遅い遅いとたたかれながら、公平と迅速のバランスを取りながらギリギリの綱渡りをしている。最前線の医療関係者はもちろん、その後ろで社会を支える行政関係者にも最大限の敬意と感謝を贈りたい。

この記事は有料記事です。

残り787文字(全文1140文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天皇陛下、「深い反省の上に立ち」不戦の決意を表明 全国戦没者追悼式

  2. 本当に「倍返し」ある? 銀行員たちに聞いたドラマ「半沢直樹」の虚と実<前>

  3. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  4. 天然アユ食べて健康な目に 病気予防の色素豊富 岐阜薬科大グループ発表

  5. 札幌でフードデリバリー競争激化 3社に注文した記者が感じた違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです