メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「スクリーンに名前表示」の特典付き 休業のミニシアター、鑑賞券が好評 横浜

「お客さんに励まされている」と話す「シネマ・ジャック&ベティ」支配人の梶原俊幸さん=横浜市中区で、2020年4月14日、池田直撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大で休業している横浜市中区の映画館「シネマ・ジャック&ベティ」が、再開後に使える鑑賞券を特典とセットで販売し、好調な売れ行きを見せている。映画館も県の休業要請の対象業種に含まれ、再開の時期も見通せないが、経営者は応援してくれる客の好意に感謝しながら収束の日を待っている。【池田直】

 同館は1952年にオープンした「横浜名画座」を引き継ぐ形で、91年にミニシアターとして建て替えられた。大手シネコン(複合映画館)とはひと味違うラインアップで映画好きには知られた存在だ。

この記事は有料記事です。

残り707文字(全文954文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  2. 新種昆虫に“中村哲医師” エジプト人研究員が命名提案 「功績を知って」

  3. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

  4. 特集ワイド 星野佳路さんのコロナ時代の旅 「安・近・短」で地元活性 海外旅行需要、国内に転換

  5. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです