新型コロナ 感染者ピーク時、県試算2万8000人 接触減らせば大幅減 /群馬

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 県は16日、新型コロナウイルスの感染状況が現状の状態で続いた場合、死者や回復者を除いた感染者数がピーク時で2万8000人に達する試算を発表した。一方で、さらに人同士の接触機会を減らした場合は感染者数を大幅に減らせると見込んでいる。

 群馬大大学院医学系研究科の内田満夫准教授らが、現状を通常時から接触…

この記事は有料記事です。

残り139文字(全文289文字)

あわせて読みたい

注目の特集