災害時にドローン 画像データ収集、救助ルート確保/防災計画策定にも活用 茅ケ崎市とNPOが協定 /神奈川

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
広域の撮影に優れた固定翼ドローン=クライシスマッパーズ・ジャパン提供
広域の撮影に優れた固定翼ドローン=クライシスマッパーズ・ジャパン提供

 災害の被災状況を迅速に把握し救助や防災に役立てようと、茅ケ崎市はNPO法人「クライシスマッパーズ・ジャパン」(東京都調布市)と災害協定を結んだ。広域撮影に適した固定翼ドローンで集めた画像データを救助ルートの確保などに生かすと共に防災計画策定の基礎データとしても活用する。

 クライシスマッパーズは2016年設立のNPO法人で、地震や台風などの自然災害の際に小型の固定翼ドローンを飛ばして画像データを集め、地…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文509文字)

あわせて読みたい

注目の特集