メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 風評被害、相談呼びかけ 神戸市が窓口開設 「冷静な行動を」 /兵庫

[PR]

 新型コロナウイルスに感染した人や家族、医療従事者らへの差別が広がっているとして、神戸市は、人権相談の対象を新型コロナの影響で風評被害を受けた人にも広げた。法務局も広く相談を呼びかけている。

 「不安にかられた市民から差別的な扱いを受けた」。以前、職員の感染が明らかになった県南部の医療機関関係者は振り返る。

 当時、保健所は施設で働く他の職員や患者の中に、濃厚接触者はいないと判断した。だが職員からは「家族が勤務先から自宅待機を求められている」「子どもの保育園への受け入れを断られた」という訴えが相次いだ。ウイルスは空気感染しないとされるが施設の前を歩く人も減り、近くの店からは「人通りが減ったのは施設のせいだ」と言われたという。

 神戸市の担当者は「市や県が発信する正しい情報を確かめ、冷静な行動をお願いしたい」と呼びかけている。市の相談窓口は078・322・5234(平日8時45分~17時半)。法務局は、みんなの人権110番(全国共通人権相談ダイヤル、平日8時半~17時15分)0570・003・110▽子どもの人権110番(同)0120・007・110▽外国語人権相談ダイヤル(平日9~17時、10カ国語)0570・090911――で受け付ける。【反橋希美】

〔神戸版〕

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医師が必要と判断した人のPCR検査もできず…鈴木前医務技監「頭を下げるしかない」

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 巻き添えの19歳女子学生が死亡 大阪・梅田HEP FIVE転落

  4. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  5. 特権を問う 寺島実郎氏「根底に保護領意識ある米国」 中国との対立は危険 地位協定改定し、日本は主権取り戻せ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです