メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ マスク寄付受け、1世帯1箱配布 有田市 /和歌山

[PR]

 新型コロナウイルスの感染症対策として、有田市は17日から、全約1万1700世帯に1箱(50枚入り)ずつ、マスクを配布する。市内の企業から寄付されたもので、市防災安全課の担当者は「マスクが入手困難な状況は今後も続くと思われ、大変ありがたい」と話している。

 作業用品・安全用品を製造販売する「ユニワールド」(有田市千田)が1万1760箱、58万8000枚のマスクを寄付した。市は地元自治会を通じて配り、自治会未加入の世帯にも配布するよう依頼する。市によると、2009年の新型インフルエンザ流行の際も、同社から寄贈を受けたという。【最上聡】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍氏が支援した育鵬社教科書の採択が激減した理由 菅首相は…

  2. 昨季王者・中大が東洋大に勝利 東都大学野球秋季リーグ開幕

  3. 安倍政権が残したもの 解散総選挙乱発 「内交」になった外遊 姜尚中さん「支持率のための外交ショー」

  4. オーストラリア・モリソン首相 11月にも訪日 中国けん制と地元紙報道

  5. 検証プラス・新型コロナ 遅い政策、消えた「味」 コロナ倒産500件、中小企業に打撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです