メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナ補正迷走 野党「政権統治能力なし」 組み替え動議へ

主要野党は、補正予算案への不信感を強めている

 野党は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた補正予算案を巡る政権の迷走について「統治能力をなくしており、危機管理を任せられない」と批判を強めている。審議入りは再来週以降にずれ込む見通しで、生活支援はさらに遅れかねない。野党は補正予算案の「不備」は明白だとして、休業補償などを盛り込んだ組み替え動議を提出し、政権を揺さぶる方針だ。【浜中慎哉、水脇友輔、宮原健太】

 「補正予算の審議直前に与党の方針が変更されるのは前代未聞だ。政権のガバナンス(統治能力)の欠如だ」。立憲民主党の福山哲郎幹事長は16日の野党幹事長・書記局長会談後、記者団を前に、安倍政権の対応を厳しく指弾した。「野党が求めてきた10万円一律給付を真摯(しんし)に受け入れていれば、このような混乱にならなかった」とも語った。

この記事は有料記事です。

残り523文字(全文866文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見過ごせない菅首相の乱暴な言説 普天間移設の歴史に二つの「反故」

  2. 「欅坂46」から「櫻坂46」に 新グループ名発表

  3. 五輪招致疑惑、IOC委員側に3700万円 コンサル口座から

  4. 洋館はレーモンド設計? モンテローザ経営の会社「情報求む」 横浜・山手

  5. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです