連載

経済観測

毎日新聞経済面に連日連載の経済コラム。経営者や経済評論家らが独自の視点で、経済の今とこれからを展望する。

連載一覧

経済観測

歴史にてらす=気仙沼ニッティング社長・御手洗瑞子

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルスの感染拡大が続く。先日、宮城県気仙沼市においても、感染者が1人確認された。この報道があった途端、小さな港町は蜂の巣をつついたような騒ぎになった。あの人らしい、いやこの人だ、先週あの店で飲んでいたらしい、など無数のうわさが飛び交った。気仙沼は人口6万人ほどの小さな町。大都市に比べると人間関係が密であり、また、医療のキャパシティーも小さい。「感染したらこわい」という不安から、つい感染者を特定しようとしてしまうのだろう。感染者の子どもが通っているとされる学校や、家族が勤務していると思われる職場にクレームを入れる人もいた。自身の不安や、正義感からの…

この記事は有料記事です。

残り426文字(全文709文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集