メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

ごみ削減、ゼロ・ウェイスト実践

生ごみ処理容器「キエーロ」に生ごみを埋める長男天柾さん(右)を見守る川村有子さん=神奈川県葉山町で

 国内で1年間に排出されるごみの量は東京ドーム115杯分とされ、1人あたりに換算すると1日1キロ近くに上る。どうすればごみを減らせるのか。焼却・埋め立てによるごみ処理をゼロに近づける「ゼロ・ウェイスト」に取り組む自治体の事例から探った。

 ●地域主導など4L

 「ゼロ・ウェイスト」が広がったのは、1996年にオーストラリアの首都キャンベラが政策として採用したことに端を発する。従来の3R(削減・再利用・再資源化の英語の頭文字)に加え、ローカル(地域主導)・ローコスト(低コスト)・ローインパクト(環境負荷が少ない)・ローテク(高度な技術に頼らない)の「4L」を提唱する。

この記事は有料記事です。

残り1161文字(全文1445文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  3. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約から見えてきたこととは

  4. 再びの緊急事態宣言 「春までもつか…」客数9割減、膨らむ借金 苦境の居酒屋

  5. 学生街の喫茶店、コロナでピンチ 早大生有志がクラウドファンディングで応援

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです