中国GDP、前年同期比6.8%減 初のマイナス成長 新型コロナ影響

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
北京を代表する繁華街・三里屯。客が途絶え、警備員が手持ち無沙汰に歩いていた=北京市内で2020年1月29日、赤間清広撮影
北京を代表する繁華街・三里屯。客が途絶え、警備員が手持ち無沙汰に歩いていた=北京市内で2020年1月29日、赤間清広撮影

 中国国家統計局が17日発表した2020年1~3月期の国内総生産(GDP)は、物価変動の影響を除いた実質で前年同期比6・8%減だった。新型コロナウイルスの感染拡大で経済が長期停滞し、四半期ベースで比較可能な1992年以降で初めてマイナス成長に転落した。これまでの最低は19年10~12月期の6・0%増だった。

 中国共産党は17日、政治局会議を開いて「1~3月期は異常だ。新型コロナウイルスによって我が国経済は前例のない試練に直面している」と強い危機感を示した。会議では、経済の落ち込みを防ぐため、財政支出の拡大や貸出金利の引き下げなど積極的な財政・金融支援策を講じていく方針を明らかにした。

この記事は有料記事です。

残り565文字(全文860文字)

あわせて読みたい

注目の特集