メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関電の社外取締役に橋下徹氏を推薦 筆頭株主の大阪市 金品受領問題巡り

橋下徹・元大阪市長=大阪市で2016年12月29日、川平愛撮影

 関西電力の役員らによる金品受領問題を巡り、筆頭株主である大阪市の松井一郎市長は17日、関電に対し、元大阪市長で弁護士の橋下徹氏を社外取締役に推薦したことを明らかにした。橋下氏も了承しているという。関電が推薦を拒否すれば、株主代表訴訟を検討する方針。

 松井市長は市役所で記者団に、「関電のこれまでの経営体質をよく知っていて、コンプライア…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文420文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 体操・内村が新型コロナ感染

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  4. 首相、杉田氏発言巡り「政治家は自ら襟を正すべきだ」

  5. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです