メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「武漢研究所が感染源」説、米メディア報道相次ぐ トランプ氏も「頻繁に聞く…」

ホワイトハウスで新型コロナウイルスへの対策について語るトランプ米大統領=ワシントンで2020年4月10日、AP

 新型コロナウイルスの発生源について、トランプ米政権が中国湖北省武漢市にあるウイルス研究所の可能性を調査しているとする米メディアの報道が相次いでいる。トランプ大統領は15日にホワイトハウスであった記者会見で、こうした報道について「その話はしたくないが、頻繁に聞くようになった。ただ、我々はこの恐ろしい状況の徹底的な調査をしている」と述べるにとどめている。

 米CNNテレビは、複数の情報当局者の話として、米政府は当初に発生源だと指摘された武漢市の海鮮市場よりも研究所の可能性を調査していると報じた。

この記事は有料記事です。

残り476文字(全文724文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. ネパール隊がK2の冬季登頂に初成功 世界第2の高峰

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです