中国「V字回復」に暗雲 大恐慌以来の景気後退期可能性も GDP初のマイナス

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
自動車販売店の前に多くの車が止まっているが、ほとんどはナンバープレートを付けていない在庫だ=中国・北京市内で2020年4月13日午後、赤間清広撮影
自動車販売店の前に多くの車が止まっているが、ほとんどはナンバープレートを付けていない在庫だ=中国・北京市内で2020年4月13日午後、赤間清広撮影

 新型コロナウイルスの直撃を受けた中国経済が初のマイナス成長に転落した。国内の感染拡大はようやく峠を過ぎ、中国当局は4月以降の「V字回復」を期待するが、世界的なまん延で外需が急速に冷え込む中、計画には狂いが生じつつある。中国経済の回復状況は、失速懸念が高まる世界経済にも大きな影響を及ぼしそうだ。【北京・赤間清広】

この記事は有料記事です。

残り2432文字(全文2589文字)

あわせて読みたい

注目の特集