メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

感染防げ 警察も厳戒 防護服で取り調べや検視、容疑者にPCR検査も 大阪府警

ブラジルから入国した少年を送検する大阪府警の護送車。捜査員は防護服を着用し、運転席と後部座席はビニールなどで隔離している=大阪市中央区で2020年4月16日午後0時51分、土田暁彦撮影

 新型コロナウイルスの世界的な流行を受け、警察が感染防止の対策を強化している。大阪府警は、海外から入国した容疑者にPCR検査(遺伝子検査)を行ったり、防護服を着用して遺体を調べたりする厳戒態勢。「見えない敵」との闘いは捜査現場でも深刻な課題になっている。

 4月14日夕、防護服に全身を包んだ府警の捜査員数人が、成田空港で目を光らせていた。頭から足首までが完全に覆われ、マスクやゴーグルも着用。3月に大阪狭山市で起きた強盗殺人未遂事件で、指名手配されたブラジル国籍の少年(18)が来日するという情報が寄せられたためだ。

 少年は事件直後に母国へ出国したが、この日、飛行機で再入国した。捜査員は空港内で少年を逮捕し、特殊な仕切りを設けた護送車両で大阪まで移送した。取り調べの際には捜査員に加え、通訳も防護服を着用。捜査幹部は「防護服で取り調べるのは府警では初めてだろう」と話す。16日に大阪地検堺支部に送検した際にも、防護服を着込んだ捜査員が運転席に乗り込み、少年を乗せた後部座席との間をビニールなどで厳重に隔離していた。

この記事は有料記事です。

残り505文字(全文963文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 切羽詰まった心理につけ込み… トイレ修理のトラブル増加、150万円請求も

  2. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  3. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  4. オリックス山崎福 「緩急はまった」充実の3勝目 好けん制にも助けられ

  5. 「ミルクボーイ」の内海さん、新型コロナ感染 駒場さんも自宅待機

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです