電話でも不適切対応 「子の口押さえた」SOSの母親に「かけ直して」 神戸市児童相談所

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
電話相談の不適切対応を謝罪する神戸市こども家庭局の八乙女悦範副局長(左)ら=神戸市中央区の市役所で2020年4月16日午後5時57分、反橋希美撮影
電話相談の不適切対応を謝罪する神戸市こども家庭局の八乙女悦範副局長(左)ら=神戸市中央区の市役所で2020年4月16日午後5時57分、反橋希美撮影

 神戸市の「こども家庭センター」(児童相談所)で、当直中のNPOスタッフが来所した児童を追い返した問題で、市は16日、2018、19年度の夜間・休日の電話相談や通報でも不適切な対応が6件あったと公表した。「子どもの口と鼻を押さえてしまった」と虐待の不安を訴える母親に対して開館時間に電話をかけ直すよう伝えるなど、いずれも緊急性が高い事案で市職員への引き継ぎはなかった。

 市によると、6件の内訳は、子ども本人からが2件と母親からが4件。本人からの相談では、他自治体の女子高生に「家出して、何も食べていない」と相談されたが、女子高生が入所したことがある児童相談所の連絡先を伝えただけで対応を終えた。

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文668文字)

あわせて読みたい

スポニチのアクセスランキング

現在
昨日
1カ月

ニュース特集