メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見えぬ実態に次なる一手 厚労省、感染歴調べる抗体検査に着手へ 新型コロナ

厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、竹内紀臣撮影

 厚生労働省は、新型コロナウイルスの感染歴を調べる抗体検査に、近く着手する。加藤勝信厚労相が17日、記者会見で明らかにした。新型コロナは感染しても軽症や無症状の人が多く、感染の有無を調べるPCR検査の対象とならないまま回復する人もいて、国内の感染実態は見えていない。今月末に通常国会に提出予定の今年度補正予算案に2億円を計上。特定の地域で数千人を抽出して実施し、抗体検査の有効性を調べるとともに、感染者数の推計や今後の流行予測にもつなげたい考えだ。

 抗体とは、体内に侵入したウイルスなどから体を守るために作られる物質。血液検査で抗体の有無を調べることで、これまでの感染歴を確認できる。PCR検査は鼻や喉の粘膜から検体を採取し、その時点のウイルスの有無を調べるが…

この記事は有料記事です。

残り572文字(全文902文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無資格の施設長が医療行為の胃ろう処置 神戸の特養老人ホーム 人手不足で

  2. 近鉄南大阪線で電車の窓ガラス破損相次ぐ 原因不明

  3. GmailなどGoogle複数のサービスで一時障害か

  4. ファクトチェック 愛知県知事リコール運動 「署名受任者の住所氏名が公報で公開される」はミスリード

  5. 東京都 新たな感染者195人 2日連続で100人超える 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです