メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「3密」そろう剣道 感染防止に「ひとり稽古」のススメ 団結求める全剣連

ユーチューブの公式チャンネルで配信している剣道の「ひとり稽古」の一つ「アイソメトリックトレーニング」=全日本剣道連盟提供

 愛知県警の剣道特別訓練員の間で新型コロナウイルスの感染が広がり、県は「クラスター(感染者集団)」と認定した。換気が不十分な武道場に多くの人が集まり、向き合った状態で大声を出す剣道は、感染リスクが高いとされる密集、密閉、密接の「3密」条件がそろう。全日本剣道連盟(全剣連)は、稽古(けいこ)方法の基準を示すなど対策に乗り出した。

 「ほんとうの『ひとり稽古』が望ましい」。全剣連は、ホームページで対人稽古の中止を呼び掛けた。一人で竹刀を振る際にも▽他人との距離を1・5~2メートル取る▽室内では積極的に換気▽屋外であっても集団トレーニングは周囲の人に嫌がられるので5人以下が望ましい――などと例示した。

 静岡県で中学生に剣道を教える指導者による…

この記事は有料記事です。

残り396文字(全文717文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  2. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  3. 時の在りか 小池都知事再選を危ぶむ=伊藤智永

  4. 最も評価する政治家は大阪・吉村知事 2位東京・小池氏 発信好感 毎日新聞世論調査

  5. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです