メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

外出自粛で“ワンチーム”に リーチ・マイケルが呼びかけ 「油断が危ない」

 2019年のラグビー・ワールドカップ(W杯)で8強入りした日本代表の主将を務めたリーチ・マイケル(31)=東芝=が17日、ウェブでの記者会見で報道陣の取材に応じた。新型コロナウイルス感染拡大防止に向け、W杯日本代表のスローガンを引き合いに「ひとりひとりが責任を持ち『ワンチーム』として外出自粛などの行動ができれば拡大は防げる。油断が危ないので正しい行動を取って」と呼びかけた。

 東芝など16チームが総当たりで順位を決めるはずだった今季のトップリーグは、W杯効果で例年以上に観客を集めていたが、感染拡大の影響などで2月下旬の第6節限りで中止となった。リーチは中止決定を「すごく盛り上がっていたので残念だが、正しい判断」と評した。

この記事は有料記事です。

残り277文字(全文591文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府の感染状況は「緊急事態宣言級」 専門家が憂う最悪の事態とは

  2. 転向の高橋「上出来」 充実の初ダンスでRD2位 フィギュアNHK杯

  3. 桜を見る会前夜祭 2019年分も収支報告なし 安倍氏の政治団体

  4. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

  5. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです