特集

社告

毎日新聞社の社告です。

特集一覧

社告

毎日新聞のコロナ取材について 緊急事態宣言の全国拡大を受けて

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、政府は緊急事態宣言の対象地域を全国に広げました。こうした中、インターネット上で飛び交うフェイクニュースや不確かな情報が国民生活に深刻な影響を及ぼす恐れがあります。危機にひんした今だからこそ、正確な情報が求められていると確信しています。

 正確かつ公正な情報を発信するために、日々の取材活動は欠かせません。正しい情報を提供し、報道機関としての責務を果たすため、毎日新聞社は以下の点に留意し取材活動を進めていきます。

1 直接対面して取材する場合、マスクを着用したうえでソーシャルディスタンスの確保を心がけ、「3密」回避のため、できるだけ広いスペースで取材するよう努めます。

2 緊急事態宣言では、人と人との接触の8割削減が目標になっています。電話、メール、メッセージアプリなどを活用した取材を今まで以上に行います。

3 出社人数を絞るなど社としてテレワークを進めていますが、取材や新聞制作、ニュースサイト編成に支障をきたすことがないよう努め、「知る権利」の要請に応えます。

4 この方針は、緊急事態期間の終了後も事態の推移を見ながら、当面維持することにします。

2020年4月17日  毎日新聞社

あわせて読みたい

注目の特集