特集

毎日新聞×毎日放送(MBS)

毎日新聞デジタルの「毎日新聞×毎日放送(MBS)」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

特集一覧

情熱大陸

感染管理専門家/坂本史衣 院内感染をどう防ぐのか 「私が医療現場を守る…」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「情熱大陸」に登場する坂本史衣=MBS提供
「情熱大陸」に登場する坂本史衣=MBS提供

 4月7日、安倍首相は新型コロナウイルスの急速な感染拡大を食い止めるために、緊急事態宣言を発表した。この重大な局面に、医療現場では患者の命を救うため、あらゆる手段を講じられている。東京の聖路加国際病院も、その現場の一つ。ウイルス感染で最も防がなければならないのが「院内感染」だ。ひとたび院内感染が発生すれば、すべての医療の機能を崩壊させ、患者と医療従事者の命が危険にさらされる。「院内感染だけは絶対に防ぐ」と、病院の感染管理を一手に任されている坂本史衣がドキュメンタリー番組「情熱大陸」(MBS製作著作/TBS系全国ネット、4月19日午後11時~)に登場する。

 坂本は病院の感染管理対策を20年近くおこなってきた。目下、感染者が入院した時にどうすれば院内感染を防ぐことが出来るのか、感染者への対応手順や導線の確認、病院職員のメンタルケアなどに奔走している。

 実は坂本は看護大学を卒業後に看護師になったが、臨床現場が肌に合わず退職。客観的に物事を見る性格が、患者に寄り添う現場に合わなかったという。だが、アメリカに留学した坂本は、そこで感染管理の重要性を知ることになった。病院の‟縁の下の力持ち”として院内感染を防ぐため静かな闘志を燃やしている。今、坂本はこれまでで最も手ごわい‟見えない敵”と立ち向かっている。その奮闘の最前線とは。

<プロフィル>坂本史衣(さかもと・ふみえ) 1968年福岡県生まれ。幼少期は父親の仕事で日本とアメリカを行き来する生活。母親の勧めで看護大学に進学。聖路加国際病院で看護師を始めたが、臨床の現場が合わずに退職。その後、アメリカに留学し感染管理の重要性と奥深さに出会った。偶然出会った医師の推薦で、一度辞めた聖路加国際病院に戻り、院内の感染対策に20年近く取り組んでいる。2003年、感染管理および疫学認定機構による認定資格を取得。日本環境感染学会理事、厚生労働省厚生科学審議会専門委員などを歴任。趣味は子供とテレビゲームで遊ぶことという母親の顔も。

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集