メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

15歳のニュース Interview 漫画家・板垣巴留さん 人間の怖さや醜さ、動物でオブラートに

[PR]

 人気マンガ「BEASTARS(ビースターズ)」(週刊少年チャンピオン連載中(れんさいちゅう))がヤマ場を迎(むか)えている。主人公のハイイロオオカミ・レゴシが、悪行を重ねるヒョウとガゼルのハーフ・メロンとの決闘(けっとう)に臨むのだ。生きることの悩(なや)みや喜びを描(えが)き、中高生をはじめとした多くの読者を魅了(みりょう)してきたこの作品について、作者の板垣巴留(いたがきぱる)さんに思いを聞いた。【上田(うえだ)泰嗣(やすつぐ)、写真も】

 ――キャラクターが動物なのがユニークですが?

 板垣さん 「BEASTARS」は動物もののマンガではなく、人間像を描(えが)きたいと思って始めたヒューマンドラマです。キャラクターが動物になったのは、私が動物好きだったためです。人間を動物の姿や性質で描くことで、人間の持っている怖(こわ)さや醜(みにく)さが、あからさまにならず、オブラートに包むような効果もあったと思います。

 ――弱さや差別、暴力なども描(えが)かれていますね。

 板垣さん 作りもののようなキャラクターは描きたくなかったんです。完璧(かんぺき)な人間なんていないし、レゴシも、(スターとして登場した)アカシカのルイも、過ちを何度も犯します。そういう弱さ、業(ごう)みたいなものを肯定(こうてい)したいという気持ちはあります。今は、小さなミスでもみんなが非難する時代になっていますが、その人と1対1でしゃべったら、そうはならないはず。キャラクターたちと1対1で対話している気持ちで読んでほしい。

 ――影響(えいきょう)を受けたマンガは?

 板垣さん 「あたしンち」は全巻何度も読みました。すごい幸福感に満ちた作品です。また「バガボンド」のように実感が伴(ともな)うマンガが好きです。主人公の宮本武蔵の内側に起こっていることを、ただただ書き起こして、最終的にそれが物語になっているような気がします。

 ――中高生時代は?

 板垣さん 中学校は校則が厳しく、クラスメートの性格も曲がってしまって、友達はいませんでした。学校が終わったら一人で映画を見に行ってました。印象的なシーンをスケッチした大学ノートは、3年間で10冊になりました。美術科に進んだ高校では、校則が緩(ゆる)くなって、友達と遊んでました。

 ――そのころからマンガ家をめざしたのですか。

 板垣さん 大学では映像学科に行きました。でも適性がないことが分かりました。人をまとめる力や機材の知識などが必要で、自分には向いてないと。マンガ家のように一人でやる仕事が向いていました。

 ――昨年の第1期に続き、来年はアニメの第2期が始まります。舞台化(ぶたいか)の計画もありましたが、他にやってみたいコラボレーションはありますか。

 板垣さん レゴシが体験しているような異種の動物同士の恋愛(れんあい)シミュレーションゲームなどができたらおもしろいなと思っています。

 ――読者へメッセージを。

 板垣さん つらいことも多いと思うけど、大人になって自分のお金で生活するのは、すごく楽しいことです。社会に出るのを楽しみにしてがんばってください。


 ■KeyWord

 【「BEASTARS」】

 擬人(ぎじん)化された動物たちによる青春ヒューマンストーリー。肉食が禁じられ、肉食獣(じゅう)と草食獣が共存する世界が舞台(ぶたい)で、オオカミのレゴシが肉食の欲求を乗(の)り越(こ)えようと悪戦苦闘(あくせんくとう)する姿を、時にシリアス、時にユーモラスに描(えが)く。他にも凄絶(せいぜつ)な過去や複雑な思いを持ったキャラクターが多く登場。本能と倫理(りんり)の間での葛藤(かっとう)、種族間の差別、暴力など、現代社会の問題を正面から捉(とら)え、2018年マンガ大賞、第42回講談社漫画賞(こうだんしゃまんがしょう)(少年部門)、第22回手塚治虫(てづかおさむ)文化賞などを受賞。週刊少年チャンピオン(秋田書店)連載中(れんさいちゅう)。

 【「あたしンち」】

 けらえいこさん作のマンガ。読売新聞日曜版に1994~2012年、17年にわたって連載(れんさい)された。マイペースで個性的な母を中心とした4人家族の日常をユーモラスに描(えが)いた。

 【「バガボンド」】

 吉川英治(よしかわえいじ)の小説「宮本(みやもと)武蔵(むさし)」を原作にした井上雄彦(いのうえたけひこ)さんの作品。日本一の剣豪(けんごう)をめざす宮本武蔵の戦いを描(えが)く。1998年から「モーニング」(講談社)で連載。講談社漫画賞、文化庁メディア芸術祭大賞、手塚治虫文化賞マンガ大賞受賞。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  2. サッカー 新型コロナ なでしこ唯一の海外組・熊谷、隔離免除で合宿「感謝」

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 山形眼科医殺害 被告が殺意否認 地裁初公判

  5. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです