メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 布製マスク好評 感謝される経験、自信に 八王子の障害者作業所 /東京

マスク作りに取り組む上尾綾香さん(右)と仲間の利用者の女性=八王子市八日町の障害者就労作業所「ファーストステップ」で展開するショップ「ちいさなたね」で

 新型コロナウイルス感染拡大の影響でマスクが品薄になっていることから、八王子市の障害者就労作業所「ファーストステップ」(NPO法人しあわせのたね運営)の利用者が布製マスクを手作りして販売している。地域で好評で、利用者も手応えを実感している。【野倉恵】

 作業所には知的障害や精神障害などのある10~70代の約35人が通う。手工芸品や陶芸品などを作って販売したり、情報誌を戸別配布したりして工賃を得てきた。感染拡大の中、自分たちにできることをと3月中旬からマスク作りを始めた。生地店でマスクの型を取らせてもらい、裁断、縫製、ゴムひも通しなど利用者の得意・不得意に応じ、役…

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文708文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 終活ナビ 年金受給75歳まで繰り下げがいい?

  4. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  5. 新型コロナ 福島・天栄村で「10万円」二重交付

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです