メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 緊急事態宣言 対象拡大に賛同の声 あす県独自措置公表 /山梨

人通りがまばらなJR甲府駅前=甲府市で

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言の対象地域が全国に拡大されてから一夜明けた17日、県内では賛同や不安の声が聞かれた。県は19日にも県独自の緊急事態措置を公表する。一方、「3密」になりがちがな自治体庁舎では在宅勤務などを模索する動きが出ている。【梅田啓祐、山本悟、金子昇太】

 甲府市の商店街で1歳の長男が乗ったベビーカーを押していた同市の主婦、和光美英さん(40)は「子どもが感染しないかが一番不安。厳しい措置を取って感染防止に努めてほしい」と賛成する。アルコール除菌のウエットティッシュなどを持ち歩いているといい、「子どもはすぐ自分の手をなめるので定期的に手を拭いている。早く事態が落ち着いてほしい」と語った。

 富士吉田市の専門学校生の女性(19)は「友人とも会っていないし、家からほとんど出ていない」と話す。県内で感染者が増加している状況に「もっと早く発令しても良かったのではないか」と指摘した。

この記事は有料記事です。

残り935文字(全文1342文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. スーパーのカゴ、金網まで…BBQごみ「いたちごっこ」 禁止でも放置やまず

  2. コロナ患者また抜け出し 大阪の療養ホテルから 府が警備員増員する直前

  3. 「予防効果一言も」「しゃべれなくなる」うがい薬発表翌日の吉村知事一問一答

  4. 「60」は首相の推薦者 桜を見る会、招待者名簿を初開示 06年開催

  5. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです