新型コロナ 緊急事態宣言 GW外出自粛を 休業要請には慎重 県対策会議 /香川

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「緊急事態宣言」の対象地域が全国に広がったことを受け、対策本部会議で職員らに対応を指示する浜田恵造知事(右)=高松市番町の県庁で、金志尚撮影
「緊急事態宣言」の対象地域が全国に広がったことを受け、対策本部会議で職員らに対応を指示する浜田恵造知事(右)=高松市番町の県庁で、金志尚撮影

 特措法に基づく新型コロナウイルスの「緊急事態宣言」の対象地域が全都道府県に広がったことを受け、県は17日に対策本部会議を開いた。浜田恵造知事は「不要不急の帰省、旅行などを控えてほしい」と述べ、特にゴールデンウイーク中の外出自粛を呼びかけた。一方、休業要請については今後の状況を見極めながら慎重に判断する考えを示した。【金志尚】

 浜田知事は14日に県独自の緊急事態宣言を出した際、人との接触を極力控えるなど五つの行動変容を県民に要請していた。会議では引き続きこれらの徹底を求めるとともに、特措法に基づく宣言地域になったことを受け、例年人の往来が増えるゴールデンウイーク中の移動を最小限にとどめるよう呼びかけた。

この記事は有料記事です。

残り443文字(全文748文字)

あわせて読みたい

注目の特集