連載

なるほドリ

ニュースの背景や素朴な疑問を「なるほドリ」が質問。担当記者がQ&Aでわかりやすく答えます。

連載一覧

なるほドリ

延期された「立皇嗣の礼」はどんな儀式? 「代替わり」最後の行事 内外に皇位継承者示す=回答・和田武士

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 なるほドリ 秋篠宮さまが天皇陛下の次に皇位(こうい)につかれる皇族であることを示す儀式(ぎしき)が延期されたね。

 記者 秋篠宮さまは皇位継承(けいしょう)順位1位の皇族を指す皇嗣(こうし)ですので、儀式の名前は「立皇嗣(りっこうし)の礼」と言います。2019年5月の天皇代替(だいが)わりに伴って国が行ってきた一連の儀式の締めくくりとして、皇居で今月19日に行われる予定でした。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府は3月に招待者を当初予定の7分の1の約50人にすると発表しましたが、緊急事態宣言(きんきゅうじたいせんげん)の発令(はつれい)も踏まえて延期したのです。

この記事は有料記事です。

残り635文字(全文921文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集