メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社説

コロナ危機の医療態勢 人と物資の手当て全力で

[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大で、医療現場が危機に直面している。対策を尽くして医療崩壊を防がなければならない。

 第一の危機は病床不足だ。全国の医療機関で確保が追いつかず、パンクする恐れがある。

 政府は緊急事態宣言の範囲を全国に拡大した。先に宣言が出た東京などでは、無症状、軽症の感染者をホテルで見守る態勢整備が進んでいる。追随する自治体も重症患者の治療を優先するための備えを急ぐ必要がある。

 心配なのは、医療機関での集団感染が増えていることだ。感染の有無が分からないまま受け入れて院内感染が起きたり、別の病気やけがで入院した患者が感染源になったりした例がある。

 混乱を恐れて救急患者受け入れを断る医療機関もある。これではコロナ以外の病気も救えない最悪の状況になりかねない。

 感染が疑われる段階で受け入れる病院、中等症以上の患者をみる病院、それ以外の疾患に注力する病院というように役割分担することが急務だ。各自治体は医師会と検討を始めてほしい。

 病院側が感染者受け入れを渋る別の背景もある。感染症の診療報酬が低いため、入院が増えれば経営を圧迫するからだ。国は財政的な支援を強化すべきだ。

 人材不足も深刻だ。医師や看護師は既に疲弊している。院内感染が起きれば、人繰りは破綻する。

 医師会や看護師の団体と協力して退職者の発掘を急ぎたい。若い研修医も貴重な戦力となる。医療に携わる人々が、能力と経験を生かして安全に働き続けられるよう、待遇や心身のケアについて国レベルで検討してもらいたい。

 防護具の不足も大きな危機だ。病原体の95%を除去する医療用のN95マスクが足りず、一つを繰り返し使っている現場もある。飛沫(ひまつ)感染を防ぐフェースカバーや防護衣も足りない。

 見えない敵との戦いに、装備を整えないまま臨むことはありえない。政府は防護具の増産体制の整備を急ぐべきだ。過剰生産になれば買い取るなどの約束で、供給増に指導力を発揮してほしい。

 医療現場は、国民の命を守る最後のとりでだ。崩壊させるわけにはいかない。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. クローズアップ 自殺者、11年ぶり増加 思い詰める前に相談を コロナ禍、女性と若者顕著

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです