メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 中国「マスク外交」存在感 発生国一転、支援国に

電気自動車大手姶BYDが稼働させた世界最大規模のマスク生産ライン=中国・深センで姶新華社

 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で各国政府がマスク確保を急ぐなか、中国が「マスク外交」に動いている。輸出制限を発動してマスクの囲い込みを進める米国とは対照的に、欧州などへの輸出を拡大。マスクをテコに影響力の増大を狙っているとの見方があり、欧州などでは警戒感も出ている。

 「中国は各国の取り組みを支援する。輸出制限などを設けることはない」。中国商務省の高峰報道官は4月16日の記者会見で、マスクなど医療物資を各国に積極的に提供することを強調した。

 中国は世界最大のマスク供給国で、中国税関総署によると、3月1日~4月4日の1カ月強で中国が輸出したマスクは38億6000万枚。2018年の中国の生産量(45億4000万枚)の85%に当たる規模だ。

この記事は有料記事です。

残り1485文字(全文1809文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者のこだわり 他殺か、中毒死か ピンクに染まった遺体の歯は何を語っているのか

  2. 五輪やりとりなし 「ヨシ」「ジョー」と呼び合うこと確認 日米首脳電話協議

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  5. 3次補正予算成立も厳しさ増す政権運営 進む「菅離れ」 五輪、給付金…判断難しく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです