メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブラック・チェンバー・ミュージック

/253 阿部和重 写真・相川博昭

 室内に入るや鉄扉はただちに閉ざされた。撮影機器などは撤去されていて殺風景なせいか、レントゲン室は意外なほどにひろく感じられる。学校の教室くらいの面積は優にありそうだ。

 置いてあるものは少ない代わりにひとは多い。まず目につくのは、壁を背にして立ちならんでいる全裸の男たちだが、かぞえてみると九人もいる。全員が頭から黒タイツをすっぽりかぶり、両手両足をダクトテープでぐるぐる巻きにされているから、まさに彼らはこの「監獄」に服役中の囚人(﹅﹅﹅﹅﹅﹅)ではないのか。

 鉄扉のもとでドアマンを演じている小男も両手両足に拘束具を装着しているが、タイツはかぶっておらず室内を動きまわることは許されている模様だ――模範囚(﹅﹅﹅)ゆえの優遇措置かとうかがわせる。服役囚らしき人物はもうひとりいて、部屋の中央に設置されたぶらさがり健康器具にぶらさがっている肥満体の男が異様な存在感を放っている――こちらはタイツで顔を覆われているのみならず、健康器具を握った両手をダクトテープで…

この記事は有料記事です。

残り542文字(全文973文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「西大寺会陽」無観客で開催へ 日本三大奇祭の一つ 「宝木」争奪戦も中止 岡山

  2. 安倍前首相、自身への事情聴取要請「聞いていない」 「桜」前夜祭

  3. 新型コロナ GoToトラベル延長 来年6月まで 政府方針

  4. 新型コロナ GoToトラベル 東京発着解約、13日まで無料

  5. 安倍前首相本人に任意聴取を要請 「桜を見る会」前夜祭 東京地検特捜部

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです