メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女の気持ち

春の贈り物 奈良県五條市・小西明子(農業・72歳)

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、不要不急の外出は控えるよう政府や自治体から要請があった。花見も、ロープを張って入れないようにした場所もあった。

 折しも、私は大阪府内の病院に入院していた。股関節の手術も終わり、リハビリに明け暮れる毎日。5階の病室の窓から桜を探したが、目に入るのはビルと家屋だけだ。

 がっかりしていると、続けざまにLINE(ライン)の着信音が鳴った。開いてみると、友人が送信してくれた桜の写真と動画だった。1枚目は花見にいざなうかのように満開の桜の並木道が遠くの方まで続いている。2枚目は地元の吉野川の上を泳ぐ数え切れないほどのこいのぼりと桜。ただ、今年は人っ子一人通っていない。

この記事は有料記事です。

残り229文字(全文531文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. スーパーのカゴ、金網まで…BBQごみ「いたちごっこ」 禁止でも放置やまず

  2. コロナ患者また抜け出し 大阪の療養ホテルから 府が警備員増員する直前

  3. 「予防効果一言も」「しゃべれなくなる」うがい薬発表翌日の吉村知事一問一答

  4. 「60」は首相の推薦者 桜を見る会、招待者名簿を初開示 06年開催

  5. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです