特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

通販サイトやスーパー、「販路を失った」食材の販売支援 全国から注文、農家「涙出そう」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
熊本県天草市の養殖業者「ふく成」が育てているマダイ=食べチョク提供
熊本県天草市の養殖業者「ふく成」が育てているマダイ=食べチョク提供

 新型コロナウイルスの感染拡大で飲食店や学校が休みとなり、農水産品の販路を失った生産者が苦境に立たされている。そんな生産者を支援しようと、インターネット通販サイトやスーパーマーケットなどが行き場を失った食材の販売に乗り出している。

 農水産品の生産者向け直販サイト「食べチョク」は、3月中旬から特設コーナーを作り新型コロナで販路を失った生産者に出品を呼びかけている。サイトに出品している熊本県天草市の魚の養殖業者「ふく成(なり)」は、卸先である料亭などの休業で3月の売り上げが前年同月と比べ6割減少。「このままでは事業が立ちゆかなくなる」とマダイの切り身を出品したところ、10日間で約400件の注文があった。平尾有希専務(38)は「本当にありがたい。おかげで雇用も維持できる」と話す。

 兵庫県・淡路島の農家「淡路島ほっこりファーム」も、出荷先を失った新タマネギなどをサイトで販売。堂脇潤哉社長(40)は「全国から注文が来ている。応援の言葉もあって涙が出そうだ」と話す。

 「食べチョク」を運営するITベンチャー「ビビッドガーデン」によると、特設コーナーの出品者は開始時の5団体から延べ約40団体に増加し、注文も急増しているという。他に、食材通販サイト「豊洲市場ドットコム」も「行き場を失った食材を特別価格で!」と銘打ち、同様に販売している。

 小売店も支援に動いている。産直野菜を販売する青果店「菜根(さい…

この記事は有料記事です。

残り464文字(全文1064文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集